現場実習を通じて理想の働き方を発見

藤仁館の現場実習で訪問する施設には色々な種類があります。
以下は施設の種類を大きく分類したものです。
受講生はこの現場実習を通じて自分がどのような現場で働きたいのか、どのような利用者を相手にどのようなサービスを提供したいのかを考えることができます。
また、この現場実習ある意味では就職活動でもあります。
というのも、現場実習先の施設に就職する人も少なくないからです。
ですからこの現場実習にはぜひ真剣に取り組んで、自分の将来について考えてみてください。
この現場実習は必ずその一助になるはずです。


居宅サービス

主に介護を求めている高齢者の自宅で提供する種類の介護サービスです。
訪問介護:訪問介護は介護を受ける必要がある高齢者の自宅に行き、調理や食事、掃除や洗濯、入浴介助や排泄、移動・移乗などの生活のサポートを行います。
デイサービス:デイサービスは、介護を受ける必要がある高齢者が自宅から送迎車で施設に通い、食事や入浴、レクリエーションを通じて行う機能訓練などのサービスを受けます。
ショートステイ:ショートステイでは、介護を受ける必要がある高齢者が特別養護老人ホームや老人保健施設などの施設に短期間入所して、食事や入浴、排泄や機能訓練サービスを受けるものです。これは自宅での日常生活が一時的に困難な場合に利用されることがほとんどです。


施設サービス

自宅や在宅で介護をするのが困難になった時に施設に入所する形で提供される介護サービスです。
介護老人福祉施設:別名・特養とも呼ばれている介護老人福祉施設には認知症や寝たきりなどの日常生活を送る上で介護が必要な高齢者が入所しており、生活全般の介護サービスが提供されています。
介護老人保健施設:老健とも呼ばれている介護老人保健施設では、利用者の自宅への復帰を目指すため、医療や機能訓練を提供しています。
また施設では食事や入浴、排泄や着替え等の日常生活の介護サポートをはじめ、機能訓練も提供しています。
有料老人ホーム:施設で日常の生活サービスや介護サービス、イベントやレクリエーションによる機能訓練などを提供しています。
健康な方を対象にした施設から終身介護に対応する施設まで様々な種類の有料老人ホームが存在します。
介護療養型医療施設:医療や介護を中心にしたサービスを提供している施設です。
医療処置が必要な人も入所することが可能です。


地域密着型施設サービス

高齢者や認知症の人が介護が必要な状態であっても自宅や地域など、自分が住み慣れた環境で生活を続けられるように介護を提供するサービスです。

認知症高齢者グループホーム:認知料高齢者グループホームは認知症の高齢者が職員のサポートを受けながら少人数で共同生活をする施設です。

小規模多機能型居宅介護:小規模多機能型居宅介護は利用者が住み慣れた環境で日常生活を維持できるように通所や宿泊などのサービスを組み合わせながら介護を提供するサービスです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ