将来性の高い介護分野

高齢者の人口は今後ますます増えると考えられています。
2025年には65歳以上の高齢者の数が3,473万人にもなると言われており、3人に1人が高齢者という驚くべき状況です。
このようなスピードで高齢化が進んでいる国は非常に珍しく、今後ますます介護の仕事への需要が高まっていくことは間違いありません。
そして10年後にはあと約100万人の介護職員が必要だと見込まれています。
もし今、介護の仕事に就いた場合、10年後には多くの部下を従えるポジションに就いているかもしれません。
さらに介護職の有効求人倍率は10期に渡って連続でプラスになっています。
全業種の平均求人倍率が1倍を下回っているのに対し、介護職の求人倍率は2倍以上になっている現状からも介護職には未来があると言えるでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ