介護職員初任者研修について

介護職員初任者研修は自分では日常生活を送るのに困難を感じていて介護を必要としている人々のサポートをするための資格です。この資格は全国どこでも使うことができます。


〈受講条件〉

・希望者は誰でも受講することができます。
・年齢、性別、学歴、国籍など、一切関係ありません。
・本人確認の義務があるため、身分証明書の写しなどを提出する必要があります。


〈仕事内容〉

身体介護
食事や入浴、着替えや排泄等、利用者に直接触れる介護サービス

生活援助
掃除や洗濯、買い物や調理等、日常生活を送る為に必要な行為をサポートするサービス


〈活躍場所〉

高齢者施設
障害者施設
在宅介護の訪問ヘルパーとして
福祉用具の販売・レンタルを実施する事業所
病院や診療所
家庭での介護


〈資格を取得する方法〉

介護職員初任者研修の資格を取得するためには130時間のカリキュラムを履修する必要があります。
また、全カリキュラムを終えた後に修了認定試験を受験する必要があり、これに合格すれば修了となります。
各科目の履修時間はそれぞれの研修機関ごとに異なりますが、通学形式もしくは自宅学習で学ぶ科目とスクーリングで介護技術を学ぶ科目に分かれています。
移動・移乗、入浴、身体の清潔、食事などは実際に体を動かしながら知識と技術を身に付けて行きます。
受講者同士が介護側と介護される側に分かれて実習するので、介護利用者の気持ちを理解するのに非常に役立ちますし、実際に現場に出た時にも思いやりのある介護サービスを提供できるようになります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ